2018年06月01日

【244】水虫は医者や薬の前に「おろし生姜足湯」を試してみよう

第244話用イラスト.jpg

 夏の悩みといえば、水虫もその1つ。病というほどではないものの、あの痒さはたまりませんね。

 いっそ、足首から先を切り落としたい! なんて物騒なことを口にする人もいるほどです。

 水虫は民間療法も幾多あります。少々怪しいのも少なくありませんが、中には「これは効いた」と評価を得ているのもあります。

 その1つが古くから活用されている「おろし生姜の足湯」。実は、筆者も一時、夏になるとこれをくり返していました。

 伝承療法に詳しい食養学の阿部一理先生から教えられたものですが、そのおかげか、今ではほとんど悩まされることもなくなっています。

 生姜には強力な殺菌作用や血行促進作用がありますが、それが効を奏しているのかもしれません。

 気分もリフレッシュできるし、就寝前にやるとよく眠れるようにもなります。

 やり方を紹介しましょう。

 まず、中くらいの生姜を2個すり下ろし、ガーゼでエキスを絞り出します。面倒なら、生姜は皮ごとすってもかまいません。

 さて、足湯は足湯ですが、ここからがちょっと一工夫です。

 新品の長靴を用意し、左右それぞれの靴の中にすり下ろした生姜エキスを半分ずつ入れます。次に、水で適温に調節したお湯を足首の上くらいまでくるように長靴に注ぎ入れます。

 後はこの長靴に素足をつけるだけです。適温は42℃。ぬるくなったら差し湯をして調節します。

 このとき、火傷をしないよう、いったん長靴から足を出してから、熱湯を加えるようにしましょう。

 この「おろし生姜足湯」を1日に1回、10分〜15分行ってください。

 この方法なら、テレビを見たり新聞を読みながら、極端なことを言えば食事をしながらでもできます。

 また、お湯がこぼれないように注意すれば、家の中なら歩いてトイレに行ったりすることも可能です。

 1週間も続ければ、足のかゆみもかなりよくなってくるでしょう。

 もちろん、絶対はありませんが、高い薬を買ったり、病院に行く前に試してみる価値は十分あります。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法の舞台裏
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183391742

この記事へのトラックバック