2018年07月06日

【249】カーフレイズ(かかと落とし)は、健康法の優等生

第249話用イラスト.jpg

 簡単でお金がかからない、しかも効果が高い。この理想的な健康法の三条件を満たしている1つがカーフレイズ、日本では「かかと落とし」とか「つま先立ち」などと呼ばれているエクササイズです。

 なにしろ、直立して両足を肩幅よりやや狭めに開き、そのままかかとを上げ下げするだけ。もちろん、経費はゼロ。そのわりには確実な健康効果が得られると、医学的にもお墨付きなのです。

 たとえば、埼玉医科大学国際医療センターでは、カーフレイズを心臓リハビリテーションの一環としても積極的に活用し、大きな成果を上げています。

 心臓リハビリテーションとは、安全な運動療法を柱に、生活習慣の改善なども含む総合プログラム。治療のみならず、患者の生活や行動の自立、症状の再発防止などを目的としたものです。

 同医療センターの牧田茂教授によれば、カーフレイズは、心機能の改善や体力の向上に次のような効果があると言います。

・足を中心に筋肉の衰えを防ぐ。
・第2の心臓といわれるふくらはぎのポンピング作用(血液を上方に押し上げる機能)を良くすることで、心臓の負担を軽減する。
・心不全は持続的な炎症を伴うため、体に害を及ぼすサイトカイン(生理活性物質)を多量に放出するが、運動によってその量が抑制されることが明らかになっている。

 また、カーフレイズは注目の骨ホルモンの分泌を高めるのにも有効とされています。

 骨ホルモンとは、骨の骨芽細胞が新しい骨を作るときに分泌されるホルモン。最近の研究では全身の臓器の働きに関与し、認知症や心臓・血管疾患、肝機能や腎機能、糖尿病、肌の老化などの改善・予防に効果があると考えられています。

 仕事や家事の合間でも、通勤電車の中でも、思いついたときにかかとを上げて落とす動作をくり返すだけ。1回に15〜20回くり返すだけでも、効果は十分と言いますから、ものぐさの方にもうってつけの健康法といえるでしょう。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法の舞台裏