2018年06月01日

【244】水虫は医者や薬の前に「おろし生姜足湯」を試してみよう

第244話用イラスト.jpg

 夏の悩みといえば、水虫もその1つ。病というほどではないものの、あの痒さはたまりませんね。

 いっそ、足首から先を切り落としたい! なんて物騒なことを口にする人もいるほどです。

 水虫は民間療法も幾多あります。少々怪しいのも少なくありませんが、中には「これは効いた」と評価を得ているのもあります。

 その1つが古くから活用されている「おろし生姜の足湯」。実は、筆者も一時、夏になるとこれをくり返していました。

 伝承療法に詳しい食養学の阿部一理先生から教えられたものですが、そのおかげか、今ではほとんど悩まされることもなくなっています。

 生姜には強力な殺菌作用や血行促進作用がありますが、それが効を奏しているのかもしれません。

 気分もリフレッシュできるし、就寝前にやるとよく眠れるようにもなります。

 やり方を紹介しましょう。

 まず、中くらいの生姜を2個すり下ろし、ガーゼでエキスを絞り出します。面倒なら、生姜は皮ごとすってもかまいません。

 さて、足湯は足湯ですが、ここからがちょっと一工夫です。

 新品の長靴を用意し、左右それぞれの靴の中にすり下ろした生姜エキスを半分ずつ入れます。次に、水で適温に調節したお湯を足首の上くらいまでくるように長靴に注ぎ入れます。

 後はこの長靴に素足をつけるだけです。適温は42℃。ぬるくなったら差し湯をして調節します。

 このとき、火傷をしないよう、いったん長靴から足を出してから、熱湯を加えるようにしましょう。

 この「おろし生姜足湯」を1日に1回、10分〜15分行ってください。

 この方法なら、テレビを見たり新聞を読みながら、極端なことを言えば食事をしながらでもできます。

 また、お湯がこぼれないように注意すれば、家の中なら歩いてトイレに行ったりすることも可能です。

 1週間も続ければ、足のかゆみもかなりよくなってくるでしょう。

 もちろん、絶対はありませんが、高い薬を買ったり、病院に行く前に試してみる価値は十分あります。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法の舞台裏

2018年06月08日

【245】6円でできる頻尿改善法

第245話用イラスト.jpg

 年をとってくると、誰でもおシモ(泌尿器)がゆるんでくるものです。その結果、気になってくるのが頻尿。特に夜間頻尿は筆者も経験がありますが、睡眠がしっかりとれなくなったりして、生活の質を大きく落としてしまいがちです。

 そんな悩みを抱えて鬱々とした毎日をおくっている方に、1円玉6個でできるユニークな改善法をご紹介しましょう。先日、話をきいたばかりのホッカホカの情報です。

 方法は、1円玉を頻尿の症状に関係している崑崙(こんろん)、陰包(いんぽう)、三陰交(さんいんこう)のツボに貼るだけ。いずれも足にあるツボで、左右三箇所に貼りますから、かかる費用は計6円というわけです。

 不調や痛みのある部分に1円玉を貼る療法は健康法として以前からあり、ひと頃はかなりブームを呼んだものですが、効果のメカニズムは鍼灸に通じるものがあるようです。

 私たちの体(臓器や器官)はプラスとマイナスの電子(イオン)に覆われています。これを生体磁気といい、鍼灸では不調や痛みが起こるのは、このバランスが崩れるためとされています。

 金属製の鍼を皮膚に刺すと、皮膚の表面はマイナスに帯電します。このとき、皮膚の内部はバランスをとるためにプラスの電気を強く帯びるようになります。

 その結果、乱れていた生体磁気のバランスが整い、不調や痛みが解消してくる・・・という理屈のようです。

 1円玉の素材であるアルミニウムはイオン化傾向が非常に強く、皮膚の表面に当てるだけで鍼を刺したときと同じようなメカニズムが働くというわけです。

 納得できる方も、できない方も、かかる費用は6円。しかも早ければ1〜3日で効果があらわれてくるとのことですから、ダマされたと思ってやってみる価値はあると思いませんか?

 では、1円玉を貼る3つのツボの位置を紹介しておきましょう。

【崑崙(こんろん)】 足の外くるぶしとアキレス腱の間にあるくぼみの中央。

【陰包(いんぽう)】ひざを曲げたときに太ももの内側にできる骨の出っぱりから、指幅5本分ほど上方。太ももとふくらはぎの筋肉の境目で、押すと痛いところ。

【三陰交(さんいんこう)】内くるぶしの中心(最も高いところ)から、指幅4本分上がった骨の後ろの縁。

※どのツボも両足にあり、どちらにも1円玉を貼ります。
※1円玉はよく洗ってからツボに置き、上からサージカルテープや絆創膏を貼って固定します。

 なお、1円玉を貼る前にツボの皮膚表面を1円玉の角で2〜3分ほど軽くこすると、より効果的といいます。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法の舞台裏

2018年06月15日

【246】健康には寝相が悪いほうが良い?!

第246話用イラスト.jpg

 いつも朝までぐっすり。十分寝足りているはずなのに、朝起きると節々や筋肉が痛い。疲れが取れず、体も重い・・・。なんてことがありませんか。

 そんな場合は、寝具に問題がある可能性があります。

 よい睡眠には時間以上に睡眠の質が大切です。その質を高める大きな要素が寝具、とりわけ敷き布団になるのです。

 では、どんな敷き布団がいいかというと、一番のポイントは「寝返りが打てる」ということです。

「それって、寝相が悪いのでは?」と顔を曇らせるあなた。確かにお行儀としては、あまりよくないかもしれませんね。でも、少々逆説的になりますが、健康には寝相が悪い、つまり寝ている間に適度にゴロゴロ寝返りを打ったほうがいいのです。

 理由は簡単。同じ姿勢で寝続けていると、血液やリンパ液の体液が流れにくくなって、体のあちこちがうっ血。その部分の筋肉が硬くなり、関節痛や筋肉痛などの体のトラブルが起きやすくなってしまうのです。

 また、血液やリンパ液が停滞すれば老廃物や毒素も体内にとどまりがちになり、それが疲労を持ち越す原因にもなります。

 ちなみに、健康な成人は一晩で平均20〜30回、寝返りを打つと言われています。

 では、寝返りが自然にできるのは、いったいどんな寝具(敷き布団)でしょうか。

 昔は、やわらかい、ふかふかの布団が上等で、体にも良いと考えられていました。でも、これは入眠時のリラックスが必要な場合だけ。睡眠時は逆に体に緊張を強いることが分かってきました。

 柔らかい布団だと、体が布団に沈み込んでしまいます。つまり、布団が体をグリップする形になり、寝返りが簡単にできなくなってしまうのです。

 逆に、板の間にゴザを敷いたような硬い敷き布団もよくありません。体重が分散せず、背中やお尻など数カ所だけにかかるために、やはり緊張を強いることになるからです。

 また、体が当たって痛いため、不要な寝返りが増えてしまうことにもなります。

 一番いいのは、適度な反発力のあるマットレス。敷き布団自体が体をふんわり押し返すことで、自然な寝返りが楽にできるようなるのです。

 反発度は、自分の体重との兼ね合いもあります。たとえば体重の軽い人が高い反発力のマットレスに寝たら、板の間状態になりかねません。逆に重い人は反発力の低いマットレスだと、体が沈み込んでしまいます。

 試しに、寝具を変えてみようかとお考えになった場合は、この点も十分念頭に入れて選ぶようにしたいものです。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法の舞台裏

2018年06月22日

【247】便やオナラのにおいは、腸内戦争の実況中継

第247話用イラスト.jpg

 今回は久々にシモネタ。といっても、どちらかというとシモも後ろ、大便やオナラのお話です。

 ウンコやオナラは臭いものと思っているでしょうが、実は、同じ臭いにも等級(?)があります。

 オナラなら、ブッと鳴ったとたん、俗に鼻がひん曲がるような臭いが部屋中に広がり、しかもなかなか消えない強烈タイプもあれば、音はすれどもにおいはしないか、あってもたおやかにして、あまり気にならないタイプもあります。

 大便も同様で、トイレで用を足した後でも、すぐに次の人が入れるくらいのものもあれば、10分も20分も待たなければとても入れない臭いを放つのもあります。・・・。

 また、同じ人でも時によってにおいが違ったりもします。

 何故、こうした違いが出てくるのか。実は、ウンコやオナラのにおいは、大腸内で繰り広げられている“ある戦い”の実況中継でもあるのです。

 私たちの大腸内には、常に100兆個もの腸内細菌が棲息しています。腸内細菌は、乳酸菌や酵母菌など体に良い影響を与える善玉菌と、ウェルシュ菌や大腸菌など体に悪さをする悪玉菌、そしてどっちつかずの日和見菌の3つに大別されます。

 腸内では、善玉菌と悪玉菌とによる勢力争いが24時間休みなくつづいており、日和見菌は優勢になったほうにつき、その勢いを加速させます。

 腸内環境が善玉菌優勢の状態であれば、代謝活動や免疫力も高まり、体は健康な状態に保たれます。逆に悪玉菌が優勢だと、体はさまざまな病気が起こりやすい不健康な状態に陥ります。

 善玉菌は食べ物を発酵させますから、そのオナラや便は漬け物やパンを作るときに出るような、むしろ香ばしいようなにおいになります。

 一方、悪玉菌は食べ物を腐敗させますから、便やオナラも鼻をつく腐敗臭です。

 つまり、便やオナラのにおいは、腸内戦争が善玉菌優性か悪玉菌優性かを知らせる大切なサインになるのです。

 大便やオナラは臭いものなどと、澄ましてばかりもいられないことが、これでお分かりいただけたと思います。

 では、腸内環境を常に善玉菌優勢に維持するには、どうすればいいか。まず、生活面では次のようなことを心がけましょう。

●便秘を早めに解消する。
●肉食中心の食生活を改め、野菜などの食物繊維を積極的に摂る。
●おなかを冷やさない。
●疲労やストレスをためない。

 その上で、腸内の善玉菌を応援すべく、体外から乳酸菌やその生産物質を補給するのも大切です。
 一般に、健康な良い腸内環境を維持するには1日1兆個の乳酸菌を摂取する必要があると言われています。

 ヨーグルトなどの発酵食品だけでは間に合わなければ、サプリメントを活用するのも一手。その場合は乳酸菌の含有量をチェックし、できるだけ大量に含まれているものを選びたいものです。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法の舞台裏

2018年06月29日

【248】ストレスから脳を守る「頭皮マッサージ」

第248話用イラスト.jpg

 先日、NHKの『アサイチ』で形成外科の先生が「頭をもんでもハゲは防げない」というようなことを言ったら、美容業界からハンパない抗議がきたそうです。

 まあ、無理もありません。停滞気味の美容業界にとって、ヘッドスパは貴重な収入源なのでしょうから。

「育毛剤をつけた後は頭皮をよくもむ」のはハゲ対策には絶対不可欠の儀式。そう思っていたお父さん方にとっても、この話は少々ショックだったのではないでしょうか。

 ただ、先生の発言の本意は、頭をもむことが抜け毛に有効であることにしっかりしたエビデンス(科学的な根拠)はない。つまりは、効くかもしれないし、効かないかもしれないという、健康法にはよくある話で、決して頭から否定しているわけではないのです。

 実際、頭皮の血行をよくすることが健康に役立つとして、頭をもむことを奨励している医者は少なくありません。

 たとえば、脳外科の横倉恒夫先生(横倉クリニック院長)は「脳を癒してストレスをやわらげるには頭皮マッサージが有効」として、患者さんにもすすめているそうです。

 私たちがストレスを受けると、その情報は大脳新皮質に入り、そして大脳辺縁系を経て、最後に間脳という場所に伝わります。

 ストレスは大小より、むしろ量が問題です。現代のように膨大な量の情報が間断なく脳に入ってくると、このプログラムはオーバーワークになり、処理に余裕がなくなってきます。

 この状態がつづけば、間脳にある自律神経などの働きも悪くなり、心身にさまざまな弊害(病気や症状)を生み出すのです。

 脳に最も近く、しかも筋肉を介さない皮膚である頭皮には、その影響が血流停滞という形でダイレクトに現れるといいます。

 実際、心や体に不調を訴えている人は頭皮がカチカチに硬くなって、まるで頭蓋骨に張り付いているようになっているそうです。

 逆に言えば、頭をもんで頭皮の血流をよくすれば、ストレスで疲れた脳も元気になるというわけです。

 頭皮マッサージは、自分の頭をスイカに見立ててやるのがコツです。

 まず、首から頭頂部に向かって、スイカのような緑の筋が放射線状に走っているとイメージしましょう。

 その筋に沿って、後頭部の下から頭頂部に向かって、指先を少しずつ移動させながら、頭皮を軽くマッサージしていきます。

 指先が頭頂部に到達したら、最後に頭頂部にたまった疲労物質を抜くような感じで、スッと指を離します。

 側頭部や前頭部も同じ要領で行ってください。 

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法の舞台裏