2016年06月03日

【140】スーパー食品、ゴマで酷暑を乗り切れ!

第140話用イラスト.jpg

 夏も目の前。今年も熱中症の危険いっぱいの猛暑がつづきそうです。

 そこで今回は、食べる猛暑対策。スタミナ食品の代表、ゴマ料理の紹介です。

 最近、テレビや新聞のCMでも、上は老舗洋酒会社から下は昨日今日できたようなネット通販まで、「試してチョーダイ」「今ならタダ(?!)」てな塩梅に、1日中これでもかと目に飛び込んでくるセサミン。この超人気健康成分が最も多く含まれている食品がゴマなのです。多くのセサミン?サプリも、ゴマから抽出されているのです 

「どんな栄養も、サプリより自然の食品から摂るのが賢明」

 医師や栄養士は口をそろえて、そう言います。成分というのは単体で摂取するより、他のさまざまな成分と一緒に自然のまま摂ったほうが、より効果的に体に吸収されやすいからと言います。

 また、サプリの摂りすぎによる危険性も侮れません。ピュアな成分は、それだけ生体に対する刺激も強く、特に高齢者は免疫系や循環器系にダメージをおよぼす可能性が高いというわけです。

  セサミンも、この例に洩れません。

 セサミンは夏バテを防ぐ優れたスタミナ源になるだけでなく、脳や肝臓、循環器など、さまざまな臓器の機能を高める働きがあります。さらに肌や髪の毛の細胞を活性化するなど、アンチエージング成分としても広く知られています。

 このセサミンの力を健康管理に活用する場合も、やはりゴマ本体から少しずつでも、つづけて摂取するのが一番なのです。

 以下に紹介するのは、ゴマ博士として知られる小林貞作博士直伝のゴマ料理。いずれも常備品としてサラダや和え物に加えるなどして、毎日口にできるものばかりですから、ぜひ活用してください。

☆ゴマドレッシング
(1)白ゴマ大さじ5を炒って、すり鉢でよくすりつぶします。
(2)酢大さじ2,しょう油大さじ2,オリーブオイル大さじ4,コショウ少々を(2)に加え、よく混ぜます。

☆ゴマ酢
(1) 白ゴマ大さじ5を炒って、すり鉢でよくすりつぶします。
(2) 酢大さじ3,砂糖大さじ、だし汁大さじ2,みりん大さじ1、塩少々を(1)に加え、よく混ぜます。

☆ゴマ味噌
(1)黒ゴマ大さじ5を炒って、すり鉢でよくすりつぶします。
(2)みそ大さじ1、だし汁大さじ1、砂糖大さじ2、しょう油大さじ0.5を(1)に加え、よく混ぜます。

☆ゴマだれ
(1) 白ゴマ大さじ5を炒って、すり鉢でよくすりつぶします。
(2)味噌大さじ1、しょう油大さじ1、砂糖大さじ1.5、だし汁大さじ5、ニンニク1かけをみじん切りにして(1) に加え、よく混ぜます。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法の舞台裏

2016年06月10日

【141】梅雨時に起きる耳鳴りは「気象病」かも

第141話用イラスト.jpg

 よく季節の変わり目には体にいろいろな不調が出ることが多い、と聞きますね。

 体がだるい、耳鳴りやめまいがする、偏頭痛がする、のぼせる、ひざや腰などフシブシが痛む、よく眠れない・・・。いわゆる不定愁訴というやつです。

 これは「気象病」といって、天候の激しい変化、たとえば気圧や気温、湿度などが急に上がったり下がったりすることで体に生じる生理現象である場合が多いようです。

 とりわけ、今のような梅雨時は気象病のラッシュシーズンだとか。何しろ、雨と気温の上昇がセットで来るわ、台風や雷は暴れるわで、天候が急変する条件がてんこ盛り。さらに昨今は、地球温暖化による“異常気象”というのが、これに拍車をかけます。

 中でも、目立つのが耳鳴りを訴える人。「梅雨時は私ども耳鼻科の稼ぎ時」などと、悪い冗談を飛ばす先生もいるくらいです。

 気象病による耳の症状で最も多いのは、低音部型難聴。耳閉塞感や低い音の耳鳴りを伴って、外部からの低音部が聞き取りにくくなるのだそうです。

 気象病の原因としてはストレス説が有力。気象の大きな変化によって脳に強いストレスがかかることで、自律神経のバランスが崩れるためと考えられています。

 そのため、ふだんからストレスを多く抱えている人ほど影響を受けやすくなります。

 そこで、耳鳴り防止のためのストレス解消法「前屈ストレッチ」をご紹介しましょう。 これは厚生年金病院耳鼻咽喉科部長の石井正則先生がおすすめしているメソッドで、かなり効果が期待できます。

(1)床に座って、両足をそろえて伸ばす。
(2)鼻から大きく吸った息を、ゆっくり鼻から吐き出しながら上体を少し前屈させる。
(3)また息を吸って吐きながら、さらに少し前屈させる。
(4)これを繰り返し、太ももの裏がイタ気持ちいい程度まで前屈したらストップ。そのままの姿勢で、しばらく呼吸を繰り返す。

  鬱陶しい梅雨を快適に乗り切るためにも、ぜひ試してみてください。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法の舞台裏

2016年06月17日

【142】ソクラテスも実践したフルモニ・ダイエット

第142話用イラスト.jpg

 最近肥満気味でメタボリックが気になる。少しでも減量したいが、忙しくて運動はつづかないし、食事のコントロールもままならない。そんな悩みをお抱えの方にぜひ一度お試しいただきたいのがフルーツモーニング・ダイエット。略して「フルモニ・ダイエット」です。

 方法は至極簡単。朝の食事を果物だけにすること。果物の種類や食べる量は自由です。バナナでもマンゴでもリンゴでも、自分の好きな果物をおなかいっぱい食べてかまいません。ただし、できるだけ新鮮で、よく熟したものを選ぶようにすることが大切です。以後、昼食までは何も食べません。コーヒーなどの嗜好品も極力控えます。

 フルモニの発案者は日本におけるナチュラル・ハイジーン(自然健康法に基づく栄養学)のパイオニアとして知られるヘルス・エデュケーターの松田麻美子先生。フルーツを朝食として採る利点は低カロリーというだけでなく、午前中の生命活動(とりわけ脳の働き)に必要なエネルギーを果糖が十分補ってくれる点にあることです。

 実をいうと、私自身も、10数年前に松田先生に取材したのを機にフルモニに挑戦。当時70s(身長は171p)を超えて肥満モードに入っていた体重が、2週間で5キロ減。以来、朝はバナナを中心にナシやブドウ、イチゴなど季節の果物も織り交ぜながらフルモニをつづけています。

 正直言って、腹持ち自体は大してありません。昼前におなかが鳴ってきます。でも、それも最初のうちだけ。少し辛抱していれば4〜5日で慣れて、むしろ空腹を快感に思えるようになりました。おかげで体重は一貫してベストの65sをキープ。また、やや高めだった中性脂肪値やコレステロール値、尿酸値がいつの間にか正常域に戻り、直近の健康診断ではオールAに。これも松田先生が説く果物の効用からすると、フルモニと無関係とは思えません。

 余談ですが、ピタゴラスやソクラテス、アリストテレスなどの賢人たちも徹底したフルータリアンだったとか。「それがお前と何の関係がある」と言われれば、こちらは無関係というしかありませんが・・・。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法の舞台裏

2016年06月24日

【143】痔の悩みは、きな粉牛乳で解決できる

第143話用イラスト.jpg

 今回は、痔に苦しんでいる方にとっておきの情報。手術や薬の世話にならず、あるものを飲むだけで改善するというお話です。

  さて、その「あるもの」とは何でしょうか。飲むものというと、ひょっとしたらお酒? ビールならもっといい、なんて早くものどを鳴らしている人、もちろんバツです。世の中、そんな甘い話はありません。

 答えは「きな粉牛乳」です。大さじ1杯のきな粉を冷たい牛乳に混ぜて、毎朝飲む。これだけで痔の悩みが解消し、同時に頑固な便秘も改善するのだから、まさに一石二鳥です。

 痔には、いぼ痔(痔核)、切れ痔(裂肛)、痔ろうの3種類があります。

 いぼ痔は、肛門の血流が悪くなり、血管が切れて結合組織と共に肛門内に出て、イボのようになります。切れ痔は肛門上皮が切れたり裂けることで、激しく出血したり痛んだりします。痔ろうは脂質や粘液を分泌している肛門腺に細菌が感染して化膿し、炎症を起こします。

 いずれのタイプも、主な原因は便秘と下痢です。いぼ痔は便秘のためにいきんで排便を繰り返していると、肛門に過度な負担がかかり、血流が悪化します。切れ痔は、便秘で硬くなった便が肛門を通過する際に肛門粘膜を傷つけます。痔ろうは便秘や下痢を繰り返すことで肛門の免疫力が低下し、便に含まれている細菌に感染しやすくなります。

 ということは・・・? 賢い読者は、もうお分かりですよね。そうです。痔の悩みから解放されるには、原因である便秘を改善することが何より大切なのです。

 そこで、きな粉です。きな粉は、腸内の便を絡め取ってスムーズに体外に排出してくれる食物繊維の含有量が野菜類の中でもトップクラス。大さじ1杯(約10g)ぶんに1.6gも含まれているのです。これはレタスを半個食べてもまだ及ばない量で、きわめて効率よく食物繊維が摂取できるのです。

  このきな粉(大さじ1杯)をコップ1杯の冷たい牛乳に混ぜて、毎朝飲むことで便秘が自然に解消。それに伴って、痔も解消されていくというわけです。

 ちなみに、牛乳に混ぜるのは、もちろん理由があります。朝、起き抜けに牛乳を飲むと胃が急にふくらんで、便意を促す神経である胃・結腸反射が強く起こるからです。水でもいいのですが、きな粉を一緒に摂るには不向きでしょう。

 その意味では、きな粉牛乳を飲むのも、できるだけ起きてすぐがおすすめです。

 痔の治療に長い歴史と実績のある平田肛門外科(東京・青山)では、いぼ痔と裂肛の9割は、きな粉牛乳も含めた食事などの生活指導で完治させているといいます。

  痔ろうの場合は感染症なので手術は必須ですが、それでも腸を整えておくのは予防も含めて、大きな意味があります。

 なお、きな粉牛乳を飲む前には、軽く体操を行って全身の血行を高めておくと、より効果的です。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法の舞台裏