2016年04月01日

【131】つらい人工透析になる前に

第131話用イラスト.jpg

 人工透析を受けている人が右肩上がりに増えつづけており、深刻な問題になっています。日本透析医学会の調べでは1990年には約10万人だった透析患者が2010年には29万7000人。この20年間で約3倍にまで膨れあがっているそうです。

  生活習慣病というと、もっぱら糖尿病や高血圧などの循環器障害、肝機能障害などに目がいきがちで、腎臓のことはあまり気にしない人が多いようですが、これは大きな間違いです。

 ご存じのように、腎臓の主な役割は血液中にたまった老廃物を糸球体と呼ばれるフィルター装置を使ってろ過し、尿にして体外に排泄することです。

 腎臓の機能が落ちて腎不全になると、このろ過機能が低下。放置しておくと老廃物やさまざまな毒素が体内に留まり、やがて腎不全や尿毒症という、命にも関わる重い病気を招きます。

 腎不全の治療手段としては今のところ、ろ過作用を人工的に行う血液透析しかありません。

 透析は腎不全患者を救う唯一無二と言っていい優れた治療法ですが、反面、QOL(生活の質)は大きく制約を受けるようになってしまいます。

 治療は週3回、透析中は4〜5時間ベッドでじっとしていなくてはなりません。痒みとか倦怠感などの副作用に悩まされる場合もあります。加えて腎不全は不可逆性(元に戻らない)なので、いったん透析が必要になれば、一生つづけなくてはなりません。

 こんな事態に陥らないためには、前期症状である慢性腎臓病の段階で腎不全の芽を摘むことが重要です。

 慢性腎臓病は高血圧や糖尿病などの生活習慣病やメタボとも深い関係にあり、近年急増している病気の1つです。厚生労働省の調べでは、現在日本人の成人8人に1人が慢性腎臓病で、新たな国民病と言われているほど。ひょっとしたら、気づいていないだけで、あなたもそうかもしれませんよ。

 対策としては、年に1度は腎臓機能に関する検査を受けること。特にクレアチニンの数値に注目です。40〜50代の男性なら、だいたい47〜50(mg/dl)以下が要受診の目安になります。早めに治療を開始すれば、それ以上の進行は十分防げます。

 肥満に気をつけることも大切です。肥満は血圧、血糖、中性脂肪、コレステロールを高めて血管を傷めます。それが腎機能に大きなリスクとなるのです。

 実際、新規の透析患者数を激減させたことで話題を呼んだ尼崎市では、過食を改めるよう指導したことが大きな効果を生みました。

 メタボは、腎臓にとっても危険な敵になるのです。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法の舞台裏

2016年04月08日

【132】今年のインフルエンザは長っ尻?

第132話用イラスト.jpg

 4月に入ってからというもの、天気予報の花粉情報は、毎日真っ赤っ赤。花粉シーズンもピークを迎えているようですね。

 そんな中で気になるニュースが。クシャミや鼻づまりで、てっきりいつもの花粉症と思っているあなた。それって実はインフルエンザかもしれませんよ、というお話です。

  インフルエンザのシーズンなんて、とっくに終わっているのでは? そう首をひねる方もいるかもしれません。疑問はごもっともです。

  確かに、インフルエンザの流行は寒さが増して空気が乾燥する12月半ばからはじまって、翌年3月半ばには終息するのが常です。でも、今シーズンのインフルエンザは、どうやらこの常識にかからず、少々長居を決め込んだようなのです。

 実際、各医療機関からの報告では、4月に入ってからもインフルエンザの患者が後を絶たない模様。国立感染症研究所も要注意の警報を鳴らしています。

 長っ尻型インフルエンザになっている一番の理由は暖冬と考えられています。今冬は寒さが本格化したのが1月と、例年より1ヶ月ほど遅くなったため、そのぶんインフルエンザの流行期間も後にずれ込んだみたいなのです。

 4月のインフルエンザが厄介なのは、初期症状が似ていることから花粉症と勘違いされやすいこと。いつもの花粉症と放置している間に重症化したり、周囲に感染してしまったりする恐れがあります。特に4月は新学期や歓送迎会など人が集まる機会が多くなるので注意が必要です。

 インフルエンザのサインは、急に熱が高くなる、倦怠感や食欲不振などの全身症状が出ている、頭痛や関節痛、筋肉痛がある、などこうした症状がある場合は、花粉症と早合点せず、念のため受診されることをおすすめします。

 特にお子さんのいる方はインフルエンザ脳症に気をつけましょう。インフルエンザ脳症はインフルエンザの合併症の1つで、突然高熱が出て、脳に障害が起こる病気。15歳未満の子供がかかりやすく、手当が遅れると重症化したり、最悪死に至るケースもあります。

 お子さんがインフルエンザに感染した場合には、次のような症状が出たら、一刻も早く病院へ連れて行きましょう。。

・痙攣が15分以上つづく。
・ろれつが回らない。
・呼びかけに応じない。
・意識障害の影響で、異常な言動がつづく。

 なお、インフルエンザの予防法は、時期がずれても変わりません。マスク、手洗い、うがいの3つです。
 特に大切なのはマスクと手洗い。マスクは感染者の咳やクシャミによるウイルスの飛沫感染を防ぐのに効果的ですし、手洗いは手に付着したウイルスを水で流すことで、鼻や口から吸い込む接触感染を防ぎます。

 うがいはインフルエンザの予防には大きな効果はないというのが、大方の専門家の見方です。インフルエンザ・ウイルスは体内に入って感染するスピードが速いため、うがいをしても手遅れという場合が多いからです。

 ただ、うがいは感染スピードの遅い風邪ウイルス・細菌や、他の病原菌の侵入を抑えるのには有効なので、やはり併せて励行したいものです。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法の舞台裏

2016年04月15日

【133】私、痛風になりまして

第133話用イラスト.jpg

 私、以前から尿酸値が高いのが気になっていたんですが、とうとうやっちゃいました。この1月、突然、痛風が出てしまったのです。

 私たちの体内では細胞が壊れたり、エネルギー代謝の過程でプリン体から尿酸と呼ばれる老廃物が生まれます。この尿酸が血液中に増えすぎると結晶化して関節に付着し、腫れや激痛を引き起こします。これが痛風、正式には痛風関節炎です。

 痛風のリスクの指標になるのが健康診断でもおなじみの尿酸値で、7mg/dl未満が正常値とされています。

 痛風は昔から糖尿病と並んで「ぜいたく病」とも呼ばれていました。栄養状態がよくなるとともに出やすくなる病気ということで、国民の大半が慢性栄養失調状態だった明治以前の日本にはほとんど見られなかったそうです。

 それを聞いたカミさんの怒ること、怒ること。お酒も飲まず、オカラが食卓の中心になるような貧しい暮らしをしているわが家が、どうして? 悔しい! てなわけです。

 かてて加えて、腑に落ちないことがもう1つ。私の場合、尿酸値が高いといっても7.2〜7.4程度で、正常値をちょっぴり上回る程度。それでも出ちゃうんですか? と受診時に文句を言ったら、医者が気の毒そうに言いました。「体質なんでしょうね」。

 でも、これは本当らしく、私のような例は少なくないとか。読者のみなさんも、尿酸値は少々高いくらいだからとナメていると、文字どおり「痛い目」にあいかねませんよ。

 医者の話では、尿酸値が高くて痛風になるのが心配という方は、発作が出る前に薬で尿酸値を6mg/dl程度に下げておくのが一番とのこと。この状態にコントロールされていれば、痛風の発作が出ることはまずないそうです。

 もちろん、私のように発作が起きてからも頼みは薬。尿酸値は急激に下げると痛みが増すため、最初の2週間は弱いタイプ、次の2週間は強いタイプを鎮痛剤と併せて服用。始めて10日くらいで痛みも腫れも引きました。

 尿酸値を上昇させないためには、日ごろの生活習慣を改めることも大切。参考までに、医者からアドバイスされたポイントをご紹介しておきましょう。

 食生活でのポイントは、尿酸値をつくりだすプリン体を多く含む食べ物を取りすぎないようにすること。たとえばレバー、魚の干物などです。アルコールもプリン体が多く、痛風にはよくありません。

 卵や肉類、精白米など尿を酸性化する食品も摂りすぎに注意が必要です。また、水分不足も排尿が減ることで尿酸値のリスクを高めます。

 運動は必要ですが、激しい運動はエネルギーの燃えカスである尿酸値を増やす元。痛風予防にはウォーキングのような軽い有酸素運動が適しています。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法の舞台裏

2016年04月22日

【134】GWの渋滞中も危ないエコノミークラス症候群

第134話用イラスト.jpg

 熊本地震でエコノミークラス症候群が話題になっています。家に住めなくなって車の中で寝泊まりしていた被災者の方たちの中にエコノミークラス症候群にかかる人が激増。中には亡くなった方も出てしまいました。

 エコノミークラス症候群(肺塞栓症)は、肺の血管がつまって呼吸が困難になる病気です。長時間、車などの狭い場所で同じ姿勢をつづけていると血流が滞り、ふくらはぎの静脈血管の内側に血栓(血の塊)ができやすくなります。その血栓が剥がれて血流に乗って肺に届き、肺の血管をつまらせてしまうのです。

 症状としては胸が痛くなって、息苦しくるのが一番の特徴。重症化すると、意識を失ったり、命にも関わる事態にもなりかねません。

 日本では海外旅行などで飛行機を利用する人が増えるのに伴って多発。特に座席の狭いエコノミークラスの客に目立つことから、この名称がついたようです。

 そういえば仕事でブラジルに行った際にこの病気でエライ目にあった友人が「これは格差病だ。俺だって金があればファーストクラスにしたかったよ」と嘆いていたことを思い出します。

 それはともかく、エコノミークラス症候群は災害時だけでなく、ふだんの長距離ドライブなどでも起きがち。特にお年寄りや日ごろから血圧や血糖値が高めの人、足に大ケガをした経験のある人などは注意が必要です。

 エコノミー症候群の対策としては、2〜3時間おきに車から降りて3〜5分くらい歩く。車内で座っているときも、時々足踏みをしたり、ふくらはぎを下から上に軽くもむ。こうしたことで血流の停滞を予防できます。

 また、体内に水分が不足してくると血がかたまりやすくなるので、車中泊やドライブ中にはこまめに水分を補給することも大切です。

 間もなくゴールデンウィーク。車でお出かけの場合、渋滞に巻き込まれて身動きがとれなくなることもよくあります。そんな際にはぜひ思い出し、ご自分はもちろん、ご家族にも勧めるようにしてください。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法の舞台裏

2016年04月29日

【135】たかがオナラ、されどオナラ

第135話用イラスト.jpg

 屁をひって おかしくもなし 独り者
 炬燵から 猫も呆れて 首を出し

  その名を聞くだけで、それこそ「プッ」と吹き出してしまうオナラ。川柳のネタにはもってこいですね。

  今回のテーマは、そのオナラ。少々臭うかもしれませんが、おつきあいください。

 オナラと健康と関係あるの? これがおおあり(尾張)名古屋は金のシャチホコ。世界的に有名な台湾の女性医学者、荘淑旂(そう しゅくき)先生によれば、カナラが、実はさまざまな病気のサインや犯人にもなっているとのこと。やはり、ちょっとクサイやつなのです。 

 「オナラは腸内の老廃物です。他の老廃物同様、それが順調に輩出されずに腸内に滞っていると、腸管の周辺の血管や神経を圧迫。それこそ万病の元というべき作用をなしてしまうのです」(荘先生)

 成人病の初期やガンの末期にも、腸内にはガスが著しく充満しているそうです。

 また、心身ともに健康な人は消化吸収がよくて余分なガスがつくられないため、腸にガスがたまることもない。つまり、オナラが出ることもありません。

 まずは、オナラで自分の健康状態をチェックしてみましょう(もとろん、出ないとおっしゃる方はスルーしてください)。

 周りどころか、自分自身も気を失ってしまいそうな強烈な臭いのオナラをしている人はストレスで腸がかなり参っています。心身に強いストレスがかかると、腸のぜん動運動が低下して消化酵素の分泌が悪化。その結果、ウェルシュ菌やブドウ球菌などの悪玉菌が腸内に増え、悪臭発生の元になるのです。この状態が長くつづけば、さまざまな生活習慣病やガンの引き金にもなりかねません。

 臭いの次は音。勢いよく、明朗な音を伴うオナラは腸が元気な証。それだけ腸内ガスを押し出す力が強いことになります。逆に、音もなく自然に洩れてしまうようなオナラ、俗に言うスカシッペはガスを押し出す力が弱くなっているサイン。腸や直腸、肛門の機能が低下している場合が多いので、注意が必要です。

 次に頻度。もちろん、少なければ少ないに越したことはありません。間なしに鳴らし続けている方は、あまり笑い事ではすみません。

  体に問題があって腸内ガスが大量につくられるのは、次のようなケースが考えられます。

●小腸に炎症があって、食べ物の消化吸収が悪くなっている。
●大腸に炎症があって、腸の血管と腸粘膜との間にある“ガス交換装置”の働きが低下している。
●ガス交換装置の機能低下は、運動不足や不自然な呼吸(浅かったり、速かったり)、猫背など姿勢の悪さなども原因になります。

 老化を早めるとも言われるオナラ。次回は、その改善法を紹介します。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法の舞台裏